読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブックマーク「特集機能」リリース! ~ 新機能についての雑感と現時点での「特集」の一覧です。

IT はてなブックマーク ブログ

f:id:seagullrhythm:20150817181015p:plain

はてなブックマーク10周年企画として「特集機能」がリリースされました。確かにPC版のトップページが変わっています。グローバルナビゲーションの変更ですね。マウスフォーカスで各カテゴリ毎にメニューが表示されるようになっています。

こちらがはてなの公式発表。編集とユーザー活動とエンジニアリングを融合した「特集機能」を始めます、とのこと。これだけではよく分からないのですが単なる「UIを改善しました」では無いところに10周年企画の気合を感じます。

公式発表から読み取れるところや使用感についてちょっと書いてみたいと思います。

特集機能について読み解く

はてなブックマーク開発ブログのエントリーから変更点を引用しながら、どんなものか?どんな意図があるのか読み解いていきます。

・従来、サブカテゴリと読んでいたものを「特集」として進化させ、1つのカテゴリに20を超える特集を組んでおります
・「京都」「オカルト」「アナログゲーム」など細分化された特集が楽しめます

はてなブックマークのページは3段構造になっています。

従来:トップページ > カテゴリー > サブカテゴリー

改訂:トップページ  > カテゴリー > 特集

名称が「特集」となり数が増えたようです。

 

 ・特集で表示するエントリーの更新頻度を調整しました。

この調整にはエンジニアリング=アルゴリズムの変更と編集者さんによるコントロールが入るとみて良さそうです。

 

・今回の特集機能のリリースに伴い、グローバルナビゲーションを大きく変更致しました

グローバルナビゲーションの変更はトップページから直に特集に移動できる動線を作る目的だと思います。今までのサブカテゴリーの過疎化の改善のための措置でしょう。

 

 ・ ホットエントリーや新着エントリーなどには変更を加えておりません

これは総合やカテゴリーレベルでは変更を加えていないということで良いのでしょうか? 以降の文章と合わせてもちょっと意味が分かりにくいです。そもそも僕がはてなブックマークの用語を理解していないのが問題かも・・・。

特集のテーマは編成によって策定しておりますが、エントリーの選定では、ユーザーの皆様がブックマークされた情報を活用しつつ、ホットエントリーなどとは異なるアルゴリズムを用いて実装を行いました。編集とユーザー活動とエンジニアリングを融合した、新しい取り組みになっています。一部の特集では、エントリーの数が少ない、または更新頻度が低いものがあるかもしれません。そういう場合は、ぜひユーザーの皆様に、当該特集に関係するようなブックマークを追加していていただけると幸いです。

ホットエントリー = 総合のホットエントリーのみ
ホットエントリー = 総合のホットエントリー + 各カテゴリーの人気エントリー
どちらの意ですかね?? 誰か詳しい人、教えてください!

特集テーマは編集者さんが編成されるようです。またエントリー選定のアルゴリズムが新しいものになっているようです。ブクマ数だけではない何かがありそう。編集者さんのコントロールも入るのかな?

特集は話題性だけでなく「はてな公式に取り上げたいテーマ」も選ばれると見て良さそうです。話題のまとめから話題作り強化へのシフトとも考えられます。

グローバルメニューの使用感(ちょっと苦言。。。)

こちらの慣れの問題もあると前置きの上ですが、グローバルメニューのUIについては不満があります。たぶん他の方からも上がると思います。

➔ マウスの動きにたいしてレスポンスが早過ぎる
フォーカスだけで切り替わるのではなくクリックにして欲しかった。マウスの動きが早過ぎるのかも知れませんが、ぴょこぴょこ表れたり消えたりしてなんとなく鬱陶しいです。

アクセス経路を増やす目的で特集を認識させたいがゆえの決断だとは思うのですが。でもクリックだと多分見ないよなあ・・・。悩ましいところですね。 

➔ トップエントリーや広告に被る
栄えあるトップエントリーが消えてしまう位置にあるのは勿体無いのではないでしょうか?  また右上のレクタングルサイズの広告とも被っているので誤クリックが発生しそうで気になります。

「仕事就職・おすすめ」というあたらしいカテゴリーが出来ましたが、ここはメニューが無いようでフォーカスしても何も起こらずちょっと戸惑います。 

➔ 特集ページへの移動が重い
これまでもそんなに早くはなかったと思うのですが、ページ開くのが遅いです。本日がリリース日だからでしょうか? せっかくだから特集ページに移動してどんなものか確かめようと思いましたが、2つ3つ見ただけで重たくて萎えてしまいました。

ブログネタのヒントに特集を使ってみよう

ここからははてなブロガー向けの話題かもしれません。

これまでもホッテントリーで多くアクセスを集めるなら「暮らし」カテゴリーを狙うのが良いとかありましたが、これからは特集に関わるエントリーを書いてみるのも良いかも。特集で取り上げられれば息長く残りやすいかも知れません。

とりあえず8月17日、現時点での「特集」をソースから抽出してみました。総合のところなど特集とは違うものもありそうですけどグローバルメニューから飛べるリンクということでそのまま載せてます。

f:id:seagullrhythm:20150817193611p:plain

 *一覧は当初テキストで並べて書いてましたが、検索スパムになりそうだったので画像にしました。

すごい数ですね。200近い特集が組まれています。

僕のような雑記ブログは結構ネタに困ります。はてなブログでもエントリー促進の策として今週のお題を設けており、困ったときのお題頼みということで乗っかって書くことも多いです。

特集という形で恒常的にお題が用意されていると考えればネタに困ることも減りそうですね。 

 以上、はてなブックマークの「特集機能」リリースについての話題でした。

使用感のところでせっかくのリリースに水を差すような、ねちっこくてくっさい書き方してしまいましたが、はてなブックマークやはてなのサービスはほんと大好きです!応援しています!!

これからも意欲的な新機能のリリースとユーザビリティの改善、大いに期待しています。