読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Charlotte (シャーロット) 第8話 「邂逅」 感想と考察 ~ 音楽が満載な回

アニメ Charlotte 横浜DeNAベイスターズ

Charlotte (シャーロット)  第八話「邂逅」が放送されました。

タイトルの示す邂逅(かいこう)は、乙坂有宇とポストロックバンドZHIENDの英国人ボーカル=サラ・シェーンとの巡りあいのことでした。終わってみると毎度ストレートなサブタイトルだと思い知らされますね。

ただ初見では勢いに押されて戸惑いがあったのも事実。二度目で分かることも多かった難しい回だったかなと思います。

一方で音楽がプッシュされた回でもありました。こっちの側面からはロック好きなアニメファンとして感想を書かずにはいられない楽しい回でもありました。

あ、もちろん横浜DeNA ベイスターズネタもしっかり用意されてましたのでご安心ください \(*^○^*)/

第8話 の感想と考察

今週は有宇の星ノ海学園への再登校と生徒会への復帰、ゆさりんプロモーションとサラ・シェーンとの邂逅、そして友利奈緒との接近が描かれた回でした。いつものように気になったところを挙げて感想とともに振り返ってみます。

生徒会とゆさりんの新曲 発熱デイズ

久々の登校となった有宇を迎え入れるゆさりんこと柚咲と高城。柚咲は「ゆさりんのおまじないシリーズNo1」で有宇を元気づけようとします。丁度ニューシングル「発熱デイズ」がまもなく発売されるようで、クラスでも大人気でした。

高城も限定メニュー牛たんカレーで有宇の復帰を祝います。ほんとにいいやつですね。面白くてさりげなくやさしい。友達になりたい感じ。

奈緒だけクラスでは蚊帳の外かとおもいきや、しっかりと「ひくなっ!」のツッコミを入れてたので笑いました。そして奈緒も有宇のためにZHIENDのライブチケットを2枚用意します。

三者三様のはげまし方ですが生徒会メンバーとしての絆みたいなものが生まれてるようで微笑ましかったです。

f:id:seagullrhythm:20150823114236j:plain

今回はゆさりんファン歓喜!新曲「発熱デイズ」のPV上映まであって見せ場たっぷり。

この曲はエモーショナルなロックチューンでした。パワフルでカッコイイ。PVの中ではほんわかした普段の柚咲とは別の顔、姉の美砂のような表情を見せるのもなんか嬉しくなりますね。

ユニット名「How Low Hello (ハロハロ)」 は Nirvana の Smells Like Teen Spirit の歌詞から取ってます。今度ハロハロ名義でアルバムが出ますがタイトルが 「Smells Like Tea,Espresso 」という隠す気のないオマージュ全開なタイトルでした。 

Smells Like Teen Spirit

Smells Like Teen Spirit

 

 

PVの出来、奈緒は柚咲のあざとさ抜きで80点の点数を付けていました。しかしながら「学校の等身大のゆさりん像」狙いでしょうか、このプロモ正直ショボくね?と思ってしまいました・・・。P.A.WORKS 大丈夫かよ。曲はいいんですけどね。

生徒会室の地図と生徒会の行動範囲

生徒会室の地図が目に止まりました。ちょっといまさらなんですが地図にからめて生徒会の行動範囲の話に入ります。シャーロットは主に西東京及び神奈川がモデルとなっています。転校前、白柳さんのいる学校は国立、星ノ海学園は町田だと思われます。

生徒会室に掲示された国土地理院の地理院地図

2話
f:id:seagullrhythm:20150823130009j:plain

8話
f:id:seagullrhythm:20150823130135p:plain

ここにはおそらく生徒会が対応したであろう能力者がピン留めされていますが、有宇や美砂も含めて以降の能力者、弓道部の有働、野球部の福山などの情報は更新されていないようでした。

地図と言えば熊耳です。熊耳はテーブル上にある地図に水滴を垂らします。

2話は井の頭公園、下連雀の表記があり東京23区外の地図のようでした。f:id:seagullrhythm:20150823133122j:plain

5話はスカイハイ斎藤用に山間部も含んだ広域な地図でした。f:id:seagullrhythm:20150823133433j:plain

このとき奈緒・有宇が来る前に高城と柚咲が地図を覗きこんでいることから、熊耳用に地図をあらかじめ準備していたようです。熊耳からおおよその地域もメールで連絡が入るのかもしれません。 

6話は町田あたりを中心とした地図です。

f:id:seagullrhythm:20150823133405j:plain

このとき熊耳は連絡も無く生徒会室を訪れたようです。とても緊迫した状況だったのでしょう。デフォルトの地図は学校近辺の町田中心地図のようですね。

■地理院地図

f:id:seagullrhythm:20150823135035j:plain

生徒会室に掲示されている地図を地理院地図のサイトで再現してみたスクリーンショットです。ウチのモニタサイズの都合上中央線より上が切れてますが、だいたいこんな範囲で活動をしているようです。スカイハイ斎藤はここに含まれてない気もします。
*エンディングでも「協力:国土地理院」とクレジットされていますね。

7話で有宇が逃避行で訪れた地方都市は茨城県の取手市のようです。有宇は「あのびしょ濡れの男に見つけられないように」ということで遠くに逃げました。熊耳の探知が能動的なもののように捉えているようです。町田から電車で2時間程度なのでそんなに遠くでもないですが、生徒会の活動範囲外ということなのでしょう。

*Charlotte の舞台情報はこちらのサイトが詳しいです。既に8話のニューヨークまで特定済みのようです。ほんとに素晴らしいです。

横浜DeNAベイスターズネタ

重い本題に入る前にこちら!! 毎度おなじみ横浜DeNAベイスターズネタがありました。今回は有宇のスマホの電話帳。笑うしかないですw

f:id:seagullrhythm:20150823014216j:plain

今シーズン売り出し中の期待の若手である関根大気選手やベイスターズ出身のドラゴンズ選手兼任監督である谷繁さんが登録されています。他にも金城、真田、小杉、中野渡などファンには堪らないセレクトな電話帳でした (*^○^*)

しっかし横浜DeNAベイスターズの昨日の試合はほんとに酷かったです。泣きたくてたまらないくらい弱い。なんとか今日は勝利を掴んで欲しい!って今日も負けてるじゃないか・・・、アカン。

追記 

コメント欄にてスカイハイ細山田さん(笑)から教えていただきました。サラ・シェーンはシェーン・バワーズだと思われます。森監督時代に1年ローテーションを守って3勝13敗という悲惨な成績に終わった投手です。シェーンの綴りも Shane で一致します。 情報ありがとうございました!

ZHIEND のボーカル。サラ・シェーン との邂逅

物語のカギを握ると思われていた人物。ポストロックバンド ZHIENDのボーカルであるサラ・シェーン(SALA SHANE)が登場しました。

 AngelBeats! での人気キャラだった岩沢さん役とおなじ、沢城みゆきさんが声優さんでしたね。劇中歌も同じく marina さんが歌っています。赤髪のフロントマンということでファンサービスみたいなものでしょうか。

これまでのシーンや楽曲からミステリアスで儚いイメージを受けてましたが、ギャグ要素もあるフランクなキャラクターでした。

なぜこのタイミングで有宇とすれ違ったのか? などの考察ポイントもありますが、ここでの本題はサラが有宇に語った台詞です。

人生っていうのは一度きりのもんだ
あたしはバンドのフロントマンとしてステージに立つことを夢見て「いた」んだ……
けどあたしの人生気づいた時には「手遅れ」でその夢を叶えることはできなかった。歌もギターも下手くそで、テレビでは歳の近いやつらが歌で賞賛を浴びててさ

神を恨んだ……

今はそうなっているじゃないか?

それは、ズルをしたからさ
それも自分の欲だけのためにな

日本でもスゲェ売れたことがある。社会現象・時の人。
そういう成功の仕方だ。
莫大な金が動く、回りの目も変わる。もちろん悪い方にな

結果・家族にも迷惑を掛ける、カネ目的で弟が誘拐されたこともある
だから、そういのはヤメにしたんだ

結果、地味なバンドのフロントマンになることを決心をした。
最後には引き換えに視力を渡してジエンド

誰に?

そりゃー神様だろうよ。
まあ、今のあんたには分からないだろうな
けどもしそんな時が訪れた日にゃ、うまくやれよ 

とても意味ありげなストーレートに受け止めにくいセリフです。人生気づいたときには「手遅れ」の言い回しがとても気になります。ここで言う「ズル」とは特殊能力のことで間違いないでしょう。ではその能力がなんなのか?

ここではいくつかパターン考えられます。

① 聴衆を魅了する能力
おなじバンドマンである友利兄のような使い方です。ギターも歌も下手だったという話から能力を使って音楽的才能を身につけたようなことも含みます。

② 時間を巻き戻す能力 
こちらは考察の際のキーワードとして上がってくるタイムリープと絡めずにいられなくて上げました。彼女の言い回しはどうも別の時間軸のことを振り返っているような含みがあります。「社会現象、時の人」のような成功の仕方は今の時間軸で為したことなのでしょうか?

時間をやり直すことでバンドで成功する夢を実現したのではないでしょうか?

有宇もラストCパートにて「やっぱりどこかで聴いたことがあるような」と再確認をしています。物語全体に別の時間軸、いわゆる「世界線」がある気がしてなりません。

③ 奇跡を起こす能力
友利兄は以前に訪問した時と同様に羽毛布団破って暴れていました。しかしサラの歌を聴くうちに落ち着いてきて、奈緒のことを思い出すまでに至りました。

これはサラの持つ特殊能力がもたらした奇跡なのでしょうか?

サラは友利兄の前でアカペラで歌いますが、その際に能力を使った描写(有宇のような目が光るなど)はありませんでした。これまでも能力者全員にエフェクトがあった訳でありませんので判断材料としては弱いです。

・・・とか考えてたんですが、特殊能力自体は若い内に消えるので能力ではないですね。失礼。

ただこのシーンが通常の能力以外のサラ特有の「何か」であっても面白いかなとは思います。以前の記事で触れた ZHIEND の音楽を有宇にわざわざ聞かせたことや、このタイミングでサラが現れたことの理由付けにはなりそうです。

-

もちろん「かつて好きだったバンドの生歌を聴き、正気を取り戻した」というそのままの話と受け止めても良さそう。ZHIEND の意味も特殊能力に絡む核心のように勘ぐってしまいがちですが、特殊能力を失った先輩として助言を与え、友利兄や奈緒そして有宇に救いを与えたというストーリー上の役割だけでも十分に綺麗なのかなと思います。

サラの人生と特殊能力者の末路

サラの人生は現時間軸の話かはさておき3つに分けられます。

  1. バンドを夢見て諦めていた時代
  2. 「ズル」を使ってバンドで成功を収める時代
  3. 生き方を見直し地味なバンド=ZHIENDのフロントマントして生きる時代(奈緒は海外でも評価高いと言ってるし、公式サイトのキャラ紹介を見るとZHIENDも「世界的ポストロックバンド」にはなっているようですが・・・)

これまでも特殊能力者の末路、代償について考えてきました。ひとつの答えとしてサラは「ズルの代償として視力を失った」と推測することは出来ます。これだと飲み込みやすい。

しかしそれまでの派手な生き方を改めるのに必要だったと言っているようにも聞こえます。上記の2に対する代償、すなわち能力そのものの代償ではなく上記3を手に入れるための代償です。

ここで気になるのが乙坂兄妹のかすかな記憶に残る「謎の兄」です。彼は能力者でありなんらかの代償として家族とその記憶から消えなければならなかった と考えています。おそらくサラ同様に生き方を変える「選択」をしたの無いでしょうか? 

それが有宇や歩未を守るためであったなら・・・、なんか泣けそうないい話がありそうです。

サラは有宇に人生(知ってか知らずか特殊能力者)の先輩として忠告も与えています。今後有宇がどのような選択をするのか? うまくやれるのか? 気になるところですね。

■ 能力者は世界的に発生する
f:id:seagullrhythm:20150823172250j:plain

サラはイギリス人なんですよね。先ほど舞台が西東京、神奈川近辺だという話をしましたが、特殊能力が現れるのは日本だけの話では無いようです。

友利奈緒の性格

f:id:seagullrhythm:20150823175403j:plain

大きな変化が見られたのがヒロイン友利奈緒です。ついにデレた!というやつですね。

奈緒のそっけない態度から「特殊能力やその結末について知っている」ゆえに諦めている、冷めているような印象を受けてました。達観しているとでも言うのでしょうか。こんな考察記事を書いているせいでもあるのですが、どうしても彼女の行動すべて含みがあるように見てしまうんですよね。

しかし今回でその見方も改まりそうです。

無理をして感情を押し殺しているわけでも無く、常に先回りして策を弄するわけでもなく、見たまんまのちょっと変な娘というのが正しい評価なのかも知れません。その変な娘なりに能力者の事件に対峙したり、有宇を励ましたりしている。

画面から見えるありのままの姿を受け止めても良かったのかなと感じた一件でした。

 

以上ここまで、第8話の感想と考察でした。

Charlotte(シャーロット) の音楽リリースまとめ!!

キャラクターソングのプロモーション回 音楽が全面にプッシュされた回ということで、関連の音源リリースについてまとめておきます。

オープニング/エンディング

 

 Bravely you / 灼け落ちない翼

Lia さんの歌うオープニング「Bravely you」と多田葵さんの歌う「灼け落ちない翼」両A面のシングルが 8月26日に発売されます。いよいよ今週ですね。

どちらも麻枝准氏の作詞作曲。物語の雰囲気にあったとても良いナンバーだと思います。

考察班が気になるのはオープニングBravely you」の2番以降の歌詞でしょう。1番の歌詞も作品内容を暗示しているもので考察が盛り上がりました。

How Low Hello (ハロハロ)

 

楽園まで / 発熱デイズ 

つづいて劇中の西森柚咲のユニットHow Low Hello (ハロハロ)です。先ほど記事内でも触れた「発熱デイズと」エンディングテーマの「楽園まで」が入ったシングルも9月2日 に発売されます。How-Low-Helloのボーカルはもちろん西森柚咲役を演じる内田真礼さんです。

両曲とも麻枝准氏の作詞作曲です。エンディングの映像の影響かもしれませんが、柚咲の曲というよりは美砂のイメージを感じる力強くてシンプルなロックサウンドですね。

 

Smells Like Tea,Espresso

こちらは How Low Hello のアルバムです。Smells Like Tea,Espressoってやっぱりこのタイトルおかしいですw ふざけてますw こちらは9月30日の発売予定! 「楽園まで」「発熱デイズ」のシングル曲に加えて 「Bravely you / 灼け落ちない翼」の How Low Hello バージョンも収録されるようです。

ZHIEND

 

 TRIGGER

ZHIENDのシングル TRIGGER は9月9日発売です。カップリングには劇中でおおきな印象を残しているアコースティックな楽曲「Fallin'」が収録されています。

歌うのは marina さんです。大ヒットした「AngelBeats!」の「Girls Dead Monster」と同じ布陣による作品ということで期待感も大きいです。あのときは元気なロックバンドという印象でしたが、今作では大人な雰囲気もあります。とても楽しみ。

 

ECHO

こちらはZHIEND名義のアルバムECHOです。10月14日 発売です。

サウンドトラック

 

 TVアニメ「Charlotte」 Original Soundtrack

サントラも出ます! 11月4日 発売! Charlotte は内容も素晴らしいのですが、使われてる曲も素晴らしいんですよね。エレクトロニカな印象に残るテンポの良い曲が多いです。

 

以上!シングル3枚、アルバム3枚という怒涛のリリースラッシュです。こんなに買えねーよ! どれ買おうか迷いますね。ひとまず今週のシングルリリースから大きく盛り上がりそうです。

やっぱ楽曲がしっかりしてるのはいいですね。この記事書いてる今、頭の中でオープニング曲の Bravely you がループしてます。音楽もしっかりクオリティを出してくる麻枝准氏のハンパない才能に驚きます。スゴイなぁ。

8/25 追記

こんな全部買えねえよとのツッコミをいれたのですが、上記シングルCD3枚すべての購入者には内田真礼さんと marina さん出演ミニライブへの抽選権があるようです。更に声優陣サイン入り台本やポスターをゲットのチャンスもあるそう。


そして、やはりですが各社店舗特典があります。3枚同時特典!!

  • ANIPLEX+ OP複製原画セット
  • アニメイト オリジナルクリアカード3枚セットクリアカードホルダー
  • ゲーマーズ オリジナルA3タペストリー
  • ソフマップ (CD取り扱い店、及びドットコム) オリジナルA4サイズ下敷き3枚セット
  • とらのあな(一部店舗除く) オリジナルA4クリアファイル3枚セット ロゴ入りギターピック2個セット
  • タワーレコード オリジナルポストカード3枚セット
  • HMV オリジナルバックステージパス風ステッカー2枚セット

個人的にはとらのあなのギター・ピックが気になるところですね。

おわりに

 

f:id:seagullrhythm:20150823192120j:plain

前回、劇中の小道具としてとても美味しそうに描かれていたみたらし団子。近所のローソンで売っていたのを見かけてついつい買ってしまいました。たぶん今週はどこかで広島風お好み焼きを食べると思います。

第8話は謎が明かされるというよりも、サラによる有宇や奈緒の心情変化が描かれた回でした。次回、第9話のタイトル「ここにない世界」です。やっぱり別の世界線があるのか? いつもながら続きが気になってたまらんタイトルです。

残りはあと5話だけなんですよね。目時さんや熊耳さんは6話のアレからまったく触れられることなく来ています。残っている伏線を考えると本当に終わるのか? と疑問も湧いてきます。分割2クールとかの線はないのかなー。

ひとまず他のみなさんの考察や、明日公開される第9話のPV、そして Bravely you の歌詞などで楽しみながら来週の放送を待ちたいと思います。

8/25 追記

第9話 「ここにない世界」のPVが公開されました。

はっきり言って困惑ですね。まさに「ここにない世界」のタイトル通りです。新キャラも出そうですし、歩未も写ってますし。2枚目のキービジュアルへようやく繋がる感じです。ZHIEND はやはりもっと深く関わっているような? 

こちらの記事も良く読まれています。

New!

Charlotte (シャーロット) 第13話 最終回 「これからの記録」 感想と考察

Charlotte 関連の過去記事です! 合わせてどうぞ!

Charlotte (シャーロット) 第12話 「約束」 感想と考察

Charlotte (シャーロット) 第11話 「シャーロット」 感想と考察

Charlotte (シャーロット) 第10話 「略奪」 感想と考察 

Charlotte (シャーロット) 第9話 「ここにない世界」 感想と考察 

Charlotte (シャーロット) 第8話 「邂逅」 感想と考察 ~ 音楽が満載な回  

Charlotte(シャーロット) 第7話 「逃避行の果てに」感想と考察 ~

Charlotte(シャーロット) ~ 第6話で気になったところとキャラ相関図の更新 

Charlotte(シャーロット) ~ キャラクター相関図と謎や考察ネタの整理 

【夏アニメ】 Charlotte(シャーロット) と 横浜DeNAベイスターズ