読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝!横浜DeNAベイスターズ優勝! ~ 夢か現実か?

横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズ、優勝!!

 

現実です。

 

勝率 .929  !?

 

13勝1敗 4分 !?

 

・・・えーっと

みやざきフェニックス・リーグ優勝です。

嘘はいっていない、夢でもない、現実だ!

みやざきフェニックスリーグ

みやざきフェニックス・リーグは秋季の教育リーグです。イースタン・リーグ、ウェスタンリーグのプロ野球12球団と韓国プロ野球から3球団、四国アイランドリーグ選抜の総勢16チームからなるリーグ戦。プロ野球からは若手選手が中心となって参加するようです。

日本シリーズでソフトバンクとスワローズが戦っていますが、それ以外の球団ファンもまだ野球が楽しめるのがフェニックスリーグでした。

 

クライマックスにも出ないベイスターズファンとしては毎年ここのチェックは欠かせません。いかに来年に向けての好材料をさがすか、オフシーズンの楽しみでもあります。

みやざきの名前の通り宮崎県で開催されます。過ごしやすく穏やかな10月、南国の宮崎、入場料無料ということでいつかは訪れてみたいところです。来年時間がつくれたらいいなあ。

↓公式サイト。参加選手のページにある選手名鑑のwebBookが全員の顔写真付き紹介でかなりの出来です。

フェニックスリーグ優勝

横浜DeNAベイスターズは上記の通り圧倒的な成績を収めての優勝ですが、当然といえば当然なんですよね。メンバーを見ると今シーズン一軍出場の多かった選手ばかりが参加しています。さらに後半数試合は筒香嘉智選手や山崎康晃選手など主力選手も参加しています。WBSCの侍ジャパンへの調整らしい。今日は石田→タナケン→ヤマヤスという一軍の勝ちパターンリレーでした。

一軍経験選手の多さと優勝。これはレギュラーシーズンと合わせて考えると選手層の薄さと1.5軍プレーヤーの多さを物語ってはいるのですが、それでも優勝という響きはうれしいですね。

石田、砂田のフレッシュな両左腕は一軍での活躍はフロックではなかったようで、ここでは圧倒的な投球を見せています。一軍出場のない選手では渡邊雄貴選手が4割近く打つなど絶好調でした。フェニックスリーグでの大活躍が翌年の成績に繋がることも多いのでこれはポジるしかありません (*^◯^*) 

-

シーズンが終わり借金が0になって嬉しい! なんて喜んでしまうDeファンの悲しき習性。俄然希望に湧いてきます。来年こそはここで育った若手たちが通年で活躍してくれると信じています。

www.kamomer.com

すっかり野球ブログと化してる当ブログです。アニメブログ→野球ブログの流れ。音楽ブログに軌道修正を試みるも何度か失敗。次は釣りの記事でも書くか。

でも「おすすめ100」的な、「僕がおすすめするベイスターズ選手~」みたいな選手全員紹介記事もやりたいな。