読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学戦都市アスタリスク ~ 感想 第4話分更新

アニメ 2015秋アニメ

MF文庫Jから発行されているライトノベル作品「学戦都市アスタリスク」が放送開始。このアニメは全24回、2クールたっぷり使った放送となるようです。

原作未読で素性は分からないのですが、監督が小野学さんということで期待はしています。

f:id:seagullrhythm:20150923133349j:plain

この記事では「学戦都市アスタリスク」の良かったところなどの感想やかんたんな考察を毎週放送ごとに、さらりと小並感満載で追記して書く記事となります。

10月25日 第4話 解き放たれし者 書きました!

アニメ 学戦都市アスタリスク

水上学園都市"六花"。通称アスタリスクと呼ばれるこの都市は、世界最大の総合バトルエンターテイメント"星武祭"の舞台として名を馳せている。六つの学園に所属する"星脈世代"の少年少女が、煌式武装を手に己が願いをかけて覇を競う―天霧綾斗もそんな学生の一人。転校早々"華焔の魔女"ユリスの怒りを買い、決闘をすることになってしまう。最高峰の学園バトルエンタメ、ここに開演。

なんともハーレムラノベ感が漂った感じのあらすじですね。テクニカルタームが多くて理解が難しそうですがどうなるでしょうか?

■ スタッフ

原作 : 三屋咲ゆう
原作イラスト : oikura
(MF文庫J「学戦都市アスタリスク」KADOKAWA刊)

総監督 : 小野 学
監督 : セトウケンジ
キャラクターデザイン・総作画監督 : 川上哲也
音響監督 : 本山 哲
制作 : A-1 Pictures

原作は三屋咲(みやざき)ゆうさん。小野学さんは「咲-Saki-シリーズ」や「魔法科高校の劣等生」など人気アニメを高品質に仕上げる信頼できる監督。製作は数々の話題アニメを手掛ける A-1 Pictures ですね。

■ キャスト

天霧綾斗 : 田丸篤志
ユリス=アレクシア・フォン・リースフェルト : 加隈亜衣
クローディア・エンフィールド : 東山奈央
沙々宮紗夜 : 井澤詩織
刀藤綺凛 : 小澤亜李
夜吹英士郎 : 内田雄馬

東山奈緒さんがヒロインの一人を演じるようなので期待です。

オープニングテーマ:「Brand-new World」西沢幸奏
エンディングテーマ:「Waiting for the rain」坂本真綾

こちらテーマ曲豪華ですね。西沢幸奏さんは艦これの曲がかなり良かったので期待大です。そして安定の坂本真綾さん。

第1話 華焔の魔女  

二人のヒロインとの出会いをメインに描いた初回。

転校生・学園・バトル・お姫様・炎のヒロイン・決闘。主人公が覗きをするいわゆる「ラッキースケベ」から始まるアニメ。

あれ?これさっき見た「落第騎士の英雄譚」と同じやんけ!

ポイントを整理してみる。 

  • 華焔の魔女(グリューエンローゼ)。初見では読めません。
  • 大災害で世界が一変
  • 統合企業団体が支配
  • 星導館学園 という学校、水上学園都市
  • アスタリスクで行われている学生同士の武闘大会。総合バトルエンターテインメント。
  • 決闘のシステムが存在
  • 主人公が弱そうに見えて強い。特待転入生。俺TUEEEEEE系?
  • ユリス、ツンデレのヒロインがかわいい
  • クローディア 生徒会長がチョロい

見事なテンプレート的なアニメという印象だが、本作は作画がものすごく綺麗。じっくりと丁寧に描いている。音楽はかなり良い。テンポもいい感じで進んでいく。主人公のバックグラウンドといいシリアスな要素も含まれていそうな感じ。ただしこの作品独特のテクニカルタームが多くてなかなか厳しい。

これからは校内の攻略をすませたあと、他校と試合がメインになってくるのでしょうか?ヒロインがチョロイ。さっそく何もせずとも好感度MAXの金髪生徒会長。東山奈央さんの腹黒キャラは初めてなのでなかなか楽しみ。一話エンディングに流れた西沢幸奏さんの曲はピッタリな雰囲気で良かった。

-

テンプレートをハイクオリティで煮詰めた感じ。いちおう次回も継続視聴予定。公式サイトが充実しているので用語とかを勉強しようと思う方は是非。

第2話 セル=ベレスタ  

謎の姉の夢を見る綾斗。斧男とユリスのバトルは綾斗の介入により事無きを得たようです。結構攻略に苦労するのかな? と思ったユリスですがここはハーレム。チョロインの系譜をしっかり持っていました。

高貴な性格すぎてお友達がいなかったもよう。これは綾斗とペアを組むことになるのでしょうか?

あらたな水色の妹キャラ=紗夜が出てきました。早速綾斗をめぐりバトルを繰り広げるユリスと紗夜ですが、一話同様「なぞの弓男」に狙撃されます。それにしても戦っているところを狙うなんてひどいです。

そして武器のシステムにより セル=ベレスタ を選択するシーン。斧男さんはここでもカマセ役。というかこの人意外といい人なんではないだろうか? 綾斗が主人公力を存分に発揮して手なづけます。

必要かよくわからない腹クローディアさんのシャワーシーンにて終了。なんだか一話より面白くなってきましたね。

第3話 二人の休日

東山奈央さんスゴイ。なんでこんなキャラの使い分けが出来るんだ。

セクシービッチすぎる、クローディア生徒会長。はっきりいって恐ろしすぎる高校一年生だ。なぜこんなエロイのか?ユリスのことを気にかける理由は?はぐらかされていると思う。なすべきことの裏には何があるのでしょうか? この乳の誘惑を回避できる綾斗はすごいです。

ユリスの案内のもとアスタリスクの街を散策する綾斗。もうユリスは完璧綾斗のに落ちていて笑える

斧男の名前がようやく覚えられた。レスターくん。また決闘を申し込む。しつこいし喧嘩っ早い。でも取り巻きの部下たちも含めて意外と愛すべきいいやつかもしれません。

ユリスを狙う弓矢男。「今の俺じゃあれくらいが関の山なんだ」というのは意味深のセリフ、綾斗にも制約がありあそう。

そしてジャンプでまた女子寮に忍び込む・・・

ユリスの国はまずしかったらしい。お姫様なのにお金が必要ということで戦っていく。これがユリスのなすべきこと。

3話時点の謎
  • 謎の弓矢組織
  • クローディアがユリスを見守る理由
  • 綾斗の制約、意味深なセリフ
  • 果たし状の字がヘッタクソ
  • お姉さんがなすべきことは「綾斗を守ること」

 

綾斗がなすべきことは「ユリスを守ること」になるのでしょうか? ずいぶんとゆったりしたペースで進んでいる印象です。背景がわかってきました。次回からバトルになるようで楽しみです。

第4話 解き放たれし者

狙われるユリスは綾斗を巻き込まないために、一人で誘いに乗る。そこに居たのは脳筋斧男=レスターの子分のサイラスだった。サイラスの目的は鳳凰星武祭の出場辞退。それは他の学園からの差金。サイラスの人形に苦戦するユリスとレスターは窮地にたたされます。

もちろん綾斗が最大限の主人公力、俺TUEEEEEEEEEE力を発揮して助けにきます。綾斗の前には人形も豆腐のように柔らかい。お姫様抱っこで戦うのは本当に笑えました。空に逃げるサイラスをユリスと力を合わせて追い詰めます。

しかし綾斗の力には制約があるものよう。ある程度の時間を超えると縛られてしまう。綾斗が意識を失ってしまいユリスの膝枕。二人の距離は縮まりました。

そして腹黒生徒会クローディアは残忍さも併せ持つ性格。黒幕っぽい感じ。

ところで

わかったこと
  • 他学園からの刺客
  • でかい人形を作ってるサイエンティスト系の学校
  • クローディアは相当強い
  • 主人公の友達も学園の謎の組織の一因
  • ユリスは完全に陥落

 

わからないこと
  • レスターさんの安否・・・

レスターさんは無事だったんでしょうか? 安否すら分からない。普通ならもうすこし主人公を助けるなどしても良いキャラだと思うのですが。

-

主人公の時間制約がある点など落第騎士とかぶる点が出てきたのですが、当然両作品読み味が違いますね。アスタリスクはユリス攻略が済んだのでどうなるのか? ユリスをメインに据えて別のヒロイン攻略になるのか? 

関連情報など

2012年より刊行されている三屋咲ゆうによる原作。MF文庫Jで刊行中。最新9巻が9月25日に発売されました。一定の刊行ペースで安定してますね。続きを知りたいという方はまとめ買いでサクッと読んじゃいましょう。

[まとめ買い] 学戦都市アスタリスク

[まとめ買い] 学戦都市アスタリスク

 

こちらは「にんげん」さんによるコミカライズ版

そしてなんとPS VITAでのゲームも発売予定。バンナムからですね。

学戦都市アスタリスク 鳳華絢爛 (仮称) 初回限定生産版

学戦都市アスタリスク 鳳華絢爛 (仮称) 初回限定生産版

 
こちらの記事もよく読まれています。

学戦都市アスタリスクはこちらの記事でも取り上げた期待のアニメです。今後も楽しみですね。

2015年秋アニメ ~ 気になる期待の作品を紹介します

終物語(オワリモノガタリ) ~ 感想 

終物語 ~ モンティ・ホール問題  ←人気

ライトノベル原作 ~ 学戦都市アスタリスク vs 落第騎士の英雄譚  ←人気

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER ~ 感想

櫻子さんの足下には死体が埋まっている ~ 感想 

コメットルシファー Comet Lucifer ~ 感想 

学戦都市アスタリスク ~ 感想

ヘヴィーオブジェクト HEAVY OBJECT ~ 感想 

Charlotte (シャーロット) 第13話 最終回 「これからの記録」 感想と考察